「メンズスキンケア」「くらしに役立つ情報」「オシャレで機能的なモノ」など紹介しています。皆さんのおすすめのサービスや商品教えてください!

バイク免許(普通二輪)第1段階の2・3時限目の感想!エンスト祭り開催

  • 2021年6月11日
  • 2021年6月11日
  • バイク
バイク免許教習2・3時限目の様子について

こんにちは!
バイク免許取得に向け自動車学校に通う管理人FUKUです。
1コマ目の授業では、バイクの操作方法と、センタースタンドをたててギアチェンジの練習をしました。
2コマ目になりいよいよバイクに乗っていきます。

今回の記事では第1段階の2・3コマ目の様子を紹介します。
バイク免許の取得を考えている方の参考になれば嬉しいです。

それではいきましょう!

事前準備

原簿をもらい体温を測ります。体温は32、5度で異常なしでした。
受付を済ませたら教習場所へ向かいます。

天気は快晴!絶好のバイク日和でデビューを飾りました。
本日の教習は教官一人に対して生徒は二人。
教官は前回と同じく妻夫木聡をちょっとブサイクにしたような教官。
もう一人の生徒は見た目が怖そうなパツキン陽キャの大学生。(話しかけると優しい)

土曜日でしたが2コマ連続で教習を入れてもらいました。
開始のチャイムがなる前に肘、膝、胴体にプロテクター、ゼッケン、ヘルメット、手袋をします。今回も免許証の確認を忘れず行います。

 

第1段階2コマ目スタート

 

教官からの説明

本日からバイクに跨り、コースを走行していきます。
「こけそうになったら無理をしない」「一つ一つの動作を確実に行う」こと簡単に説明され、

教官:「もう大丈夫っしょ!?」

生徒:「え、あ、、はい。多分いけなくはないと思いますが、、、」

急展開に戸惑いが隠せませんが、説明を受けるよりもとにかく乗ってみようとのことでバイクに乗っていきます。
バイクに跨ったら、クラッチと前輪ブレーキを握りメインキーを回します。ニュートラルを確認してエンジンスタートボタンを押してエンジンをかけます。

発進と停止の練習

まず初めは発進の練習

教官からの説明の際、バイクの傷と凹んだガードレールを見せつけられました。発進の練習の際に、焦ってアクセルをめちゃくちゃ回してしまい、暴走て突っ込んだそうです。こわ

発進の仕方は、エンジンがかかった状態で、ギアをローに入れる。次にアクセルをちょっとだけ回し、クラッチを緩めていく。(この時ゆっくりバイクが進むことを「半クラッチ」と呼ぶ)さらにアクセルを回し、クラッチをさらに緩めていく。

バイクはスーッと進んで動きだしに興奮を覚えました。

なんだかワクワクしてきたゾ!

ローに入った状態でクラッチをパッと離すとエンストします。当たり前ですが、実際に乗ってみると焦ったりして何回もエンストしてしまいました。

次に停止の練習

まずはアクセルを戻す。(エンジンブレーキ)フットブレーキを使ってスピードを落とす。早い段階でクラッチを切って、後輪のブレーキも使って停止する。左足を止まりそうになったら前に出し、地面につけ支えるように停止する。

スピードがなくなるとバイクの安定感が下がるのでバランスを取るのが難しくなります。

左足を止まりそうになったら前に出して止まったら左足を地面につけ支えるように停止します。

「停車の際の一番最初の動きはアクセルを戻すこと!!!!」
基本ですが意外と忘れてしまいます。

とにかく外周を回ってみる

発進ができたら外周を回ります。一つ一つの動作を確認しながらギアチェンジ!最初が難しい!

直線に入るとアクセルを回し40km /h位スピードを出します。風を切る爽快感とバイクの心地よいエンジン音が体に染みわたり、とても気持ちが良い!

右左折の練習

バイクのウインカーは自然と消えません。自分でスイッチを押して消灯します。(80%消し忘れてましたね)

車みたいにハンドル戻したら切れればいいのに、、、
一緒にいた大学生も8割以上切り忘れていました。
二人揃って直進をひたすらウインカーを出して走るマヌケな図を想像するとなんだが面白い。

クランクの練習

狭く左右に曲がる道は想像以上に難しい!
初めてのクランクは豪快にコースアウトしました。
ハンドルを切った際にアクセルが勢いよく回ってしまい急発進。置かれたコーンを蹴散らしバイクは芝生へ。奇跡的にこけずにいましたが心臓が止まるくらいビックリしました。

何回か練習し無事できるようにはなりました。

第1段階3コマ目スタート

たくさん練習してバイクになれていこう!とひたすらコースを回ります。

方向指示器を意識してコース内を回る

やはりウインカーを消し忘れます。
いい加減覚えろと思われているであろう。。。

教官に連なってコース内をグルグルします。
停車時にクラッチを離してしまい。何度もエンストして、3回ほど置いてけぼりになりました。

その場では焦ってパニックになってしまうんですよね、なぜエンストしたのか、仕切り直して考え、同じミスをしないように気をつけます。失敗した原因を明らかにして、同じミスをしない事の重要さを再確認したのでした。

一本橋に挑戦!ノルマは7秒以上

ローギアでブレーキとクラッチを使って幅30cmで長さ15メートルの平均台を渡ります。ノルマは7秒以上!

ニーグリップをしっかりとして、遠くを見て大まかなバランスを取る。細かい調整はハンドルで微調整。3分の1進んだら、前輪のブレーキとクラッチで速度を落とす。

教官:「あとは若さでなんとかしてください!」

(え!?そんな説明ある??笑)

とにかく挑戦します。

意外と初挑戦でクリア!!!

教官;「次は10秒を目指してみよう!」

意外と一発クリア!一般橋はイケる!!

教習の振りかえり

バイクの動きだし、停車時が不安定

YouTubeで勉強すると、エンストする人はアクセルの回しが足りない人が圧倒的に多いんだとか。確かに発進時ゆっくりだとフラつく原因になる。次回はガンガンアクセルまわしてくゼ〜

エンストが多い

クラッチを一気に離してしまう。停車時のクラッチを切るのが遅い。2速発進している。などの原因が考えられます。

対策は、半クラッチを丁寧にする。発進時はアクセルを回してあらかじめ回転数を上げておく。
停車したら、何回も1速に入っているかギアをカチャカチャ3回くらい踏んで確認する

終わりに

たくさん失敗したもん勝ち!失敗から学ぶことが何より大切!

(妻夫木教官からの教え)

初めのうちはたくさん失敗して、こうしたらエンストする。バランス崩す。等、都度振り返りながら教習できると確実に成長できると思います。

新しいことに自分が適応していく感覚を、久しぶりに感じて嬉しくなる管理人なのでした。

最後まで見ていただいた方!あざした!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!