「メンズスキンケア」「くらしに役立つ情報」「オシャレで機能的なモノ」など紹介しています。皆さんのおすすめのサービスや商品教えてください!

スマートキーの電池交換方法【シビックFK7(を例に)】

スマートキーの電池交換方法【シビックFK7(を例に)】

昨日エンジンをかけたらこんな警告が出てきました。

「キー 電池残量低下」

スマートキーの電池が消耗している様子です。

スマートキーの電池が切れていると,
キーを差し込んでアナログ方式で鍵の解錠,施錠,エンジンをかけなくてはいけません。。。

スマートキーシステムに慣れてしまうとカバンの中から鍵を取り出したりするのが面倒くさくなりますね。

電池が切れて焦らないためにも早めに交換したいところです。

しかし,電池交換のためだけにディーラーに行くのか?
と思うと,面倒くさいな〜。

じゃあ,自分で交換しまーす。

いい機会なので電池交換の相場を調べてみました。
・ディーラーで500円〜1000円程度
・カー用品ショップでは500円程度
ガソリンスタンドやホームセンターでも交換してくれるところがあるようです。値段はまちまち。

電池を買いに行くのも面倒くさかったのでネットで注文しました。
一個当たりの料金はホームセンターで買うよりも安かったです。

自分で電池交換すればかかるお金は電池代のみ。200円程度でできます!

実際に電池交換しましたので参考にしていただけたら嬉しいです。
※自分で交換する際は自己責任でお願いしますね〜

今回の記事の内容

  • スマートキーの電池交換方法について
  • 注意点

用意するもの

新しい電池【CR2032】

1個売り&送料無料なんてなんとありがたいことか。
私はストック用にまとめ買いです。

どこのメーカーの電池を使ったらいいと迷う方もいるかもにれませんが,私はPanasonicの電池を選びました。色々な比較サイトで1位になっています。

Panasonicといえば日本大手メーカーで高品質で安心安全なイメージです。

Panasonicでなければ日本製のメーカーのSONYやmaxellを選びましょう。

上記メーカーは液漏れ対策がしっかりと施されています。
子どもの誤飲パッケージになっており,子どものおもちゃにもいいんだとか。

 

コイン

溝にハマれば何円硬貨でも良いです。コインでなくても良いです。

カバーを開ける際に使います。

メガネクロス(柔らかい布)

カバーを開ける際に傷防止のために使用します。

マイナスドライバーまたはピンセット

電池を取り出すときに使います。ボタン電池が取り出しにくいんですよね。

道具をうまく使って取り出します。

 

電池交換の手順

①内蔵キーを取り出す

スマートキーにはレバーがついており,そのレバーを引きながら内蔵キーを取り出します。

②カバーを外す

ここの溝にコインをはめ込みカバーを外していきます。

その際,カバーに傷がつかないようにメガネクロスをコインに巻いて作業します。

溝にはめ込んだらてこの力かコインを回転させこじ開けます。

少し隙間が空いたらその隙間にコインを入れ,滑らせるように段々と開けていきます。

③電池を交換する

古い電池を取り出し,新しい電池を入れていきます。

電池を取り出す際に爪では痛いのでマイナスドライバーなどを使うと楽です。

オープン!

初めての電池交換になりますが,新車納車時からPanasonicの電池が入っていました。

Panasonicを買っていて正解でした。

電池を入れる際は+極がカバー側に来るように入れます。

④カバーを閉める

カバーを合わせたら「カチッ」と音がなるまで閉めます。

⑤動作確認

何事もなかったかのように警告は消えていました。

特に車両設定することはありませんでした。めでたしめでたし

注意点

  • 自分で変える際は自己責任がついてまわります
  • カバーに傷が使いないように注意する

まとめ

納車して2年と2ヶ月。走行距離は46,790kmです。

2年程度がスマートキーの電池交換目安なのかもしれません。

  • スマートキーの電池交換は自宅でも簡単にできる
  • 電池交換に必要な特別な工具はない
  • 自分でやれば200円もしない
  • 心配な人はディーラーやカー用品ショップでの交換を推奨
  • 電池交換の目安は2年程度

当たり前になってきたスマートキーの便利さを痛感しました。

以上電池交換好きな筆者の電池交換コーナでした。

関連記事

自宅で腕時計の電池を交換する方法 電池交換に行くのって面倒くさいんだよなぁ・・・ できたら受け取りにも行かんとだし・・・ しかも意外と料金かかるんだよな・・・ そう悩んでいる人はいませんか? そんな方に[…]

おしまい

最新情報をチェックしよう!