「メンズスキンケア」「くらしに役立つ情報」「オシャレで機能的なモノ」など紹介しています。皆さんのおすすめのサービスや商品教えてください!

【富士フイルム】X-T2を3ヶ月間使用してみて感想をざっくりまとめ

【富士フイルム】X-T2を3ヶ月間使用してみて感想をざっくりまとめ

X-T2を購入し、使ってみてだいたい3ヶ月が経ちました。
一目惚れして購入しましたが使ってみてますます好きになりました。

私は主に風景スナップ、人物、愛犬、小物を撮影しています。
購入を検討している人の参考になれば嬉しいです。

今回の記事の内容

  • 使って感じたよかったこと
  • 気になる点
  • ちょっとだけ作例

使って感じたよかったこと

レトロでクラシカルなデザインがカッコ良すぎる

どうしても見た目から入ってしまう私。Nikon、CanonやPENTAXなどざまざまなメーカーのカメラを見てきました。私の主観で外観のランキングをつけるなら圧倒的1位がこのFUJIFILMのX-T一桁。カメラ上部の3つのダイヤルのクラシカルさがたまりません。

また、本体の金属とレザーのような質感で高級感を引き立ちます。
こんなにもカッコ良いのでインテリアとしても存在感を発揮してくれます。ジャンク品を買って部屋に飾ってもいいレベル。このカメラを買ったせいでショーケース目的で防湿庫を購入してしまいました。机の上に設置し、カメラを見るたびに所有欲に浸りニヤついてしまいます。

本体上部の3つのダイヤルでの操作感が良い

最も特徴的なのが本体上部の3つのダイヤルですね。左から感度ダイヤル、シャッタースピードダイヤル、露出補正ダイヤルとなっています。このダイヤルを回して設定を変えていくのですが、ダイヤルに数値が記載されており、直接操作と視認できる点がとても気に入っています。

絞りについてはカメラのレンズで調整します。Nikonのカメラを使っていた際は絞り設定はカメラ上部についていましたので、移行したばかりの際は少し戸惑いがありました。慣れればこちらの方が良いんじゃないかっていうくらい洗脳されています。

また、ダイヤル上部にはダイヤルロック解除ボタンもついており、ダイヤルが気付かないうちに回ってしまうということもないのでとても便利です。

ファンクションキーが使いやすい

ファンクションキーはiPhoneでいう「ショートカット」アプリと同じ役割をしてくれます。ファンクションキーを使うとわざわざセットアップメニューを開かずに即在に設定を変更することができます。

本体にはファンクションキーと呼ばれる8つのボタンが散りばめられており、ホワイトバランスの設定、ファーカスエリアの設定、フィルムシュミレーション等、よく使う設定をファンクションキーに割り当てておくことで瞬時に設定を変更することができます。

日の出前から撮影を始めた時、このファンクションキーは大活躍してくれました。環境が瞬時に変化する際にシャッターチャンスを逃してしまうことも減ると感じました。

デフォルト時からファンクションキーが割り当てられていますが自分の好きなようにカスタマイズすることができます。

撮影時にカラーの調整ができ、出来上がりが想像しやすい

今まで使っていたNikonのカメラ撮影してから簡単なものだと再生画面で写真を編集したり、ちょっと手の込んだ編集をしたい時はパソコンに取り込んでから設定していました。
しかしこのカメラは撮影時に色の調整ができ、液晶が面で確認しながら撮影することができある程度完成した写真がイメージつきやすいです。

ホワイトバランスの調整に青み、赤みなどフォーカスレバーを操作して変更していきます。これがまた使いやすいこと。

動画撮影が高画質で撮れる

4K撮影が可能です。高画質なだけでなく、上下左右の動きとズーム機能がとても滑らかになっています。大自然をテーマにしたテレビ番組に対抗できるんじゃないかってほど高画質でしっかり補正がかかります。

3方向チルトモニターが使いやすい

上下方向に液晶のアングルを調節することによって高い位置からの撮影、低い位置からの撮影ができます。それに加えて左右にも調節することができるので縦にカメラを構えた時にも液晶が確認することができます。

時に低い位置から縦画面で撮影する時に便利でよく使っています。

スマホへのデータ転送が楽

転送の際には「FUJIFILM CAMERA REMOTE」というアプリを使って転送します。カメラとスマホ・タブレットをWi-Fiで繋ぐことによってデータの転送を行います。

データの転送も早いのでカメラで撮った写真をSNSにアップしたい時に役に立ちます。撮った写真をすぐにタブレット・スマホの大きい画面で閲覧することができるので複数人で写真を確認したい時に便利です。
※データの転送方法については別の記事で紹介します。「FUJIFILM CAMERA REMOTE」はデータの転送だけでなくスマホ・タブレットをチャンネルのように使いリモート撮影もできます。

キニナル点

バッテリーの消耗スピードが早い

一つのバッテリーあたり300枚程度の撮影ができるそうですが、あっという間に電池がなくなっていることがあります。

合わせて読みたい

純正バッテリーが高くて買えない時は「ROWA JAPAN」がオススメ カメラのバッテリーが早くて悩んでいる 予備のバッテリーを購入しようと思うけど高いんだよなあ 純正以外でおすすめのバッテリーのメーカーが知りたい […]

ちょっとだけ作例

作例については別の記事で沢山アップします。

おしまい

 

最新情報をチェックしよう!