「メンズスキンケア」「くらしに役立つ情報」「オシャレで機能的なモノ」など紹介しています。皆さんのおすすめのサービスや商品教えてください!

【メンズスキンケア】悩み別ケア(ニキビ・乾燥・シミ・シワのケア方法)

【メンズスキンケア】悩み別ケア(ニキビ・乾燥・シミ・シワのケア方法)

  • ニキビの正しいケア方法がわからない
  • 乾燥、敏感肌のケア方法がわからない
  • シミ・シワのケアの方法がわからない
  • 肌トラブルなんとかしたい!!!

そんな方に向けて記事を書いています。
こんにちは!
ニキビ跡に悩まされている乾燥肌の管理人itofukuです。

前回までの記事は肌に対する全体的なケアでしたが、やっぱり気になるのは肌トラブルですよね??

前回の記事

【メンズスキンケア】乾燥肌・脂性肌・混合肌別ケア方法! 肌がカサカサしていて少し皮が剥ける 化粧水の入りが悪い どんな化粧水を買ったらいいか分からない 今回は前回お伝えした「スキンケアの基本ベース」をもと[…]

とにかく早く目立たせないようにしたい方が多いはず!

記事の内容

  • ニキビのタイプを把握してタイプ別ケア方法を解説
  • シミ・シワなどの肌トラブルに対するケア方法と原因について

※今回の記事も現役エステティシャンのマーチ先生からのお力添えのもと解説していきます。

ニキビのケア方法

まずあなたのニキビはどんなニキビですか?
ニキビのタイプは大きく「触れると痛い赤炎症ニキビ」「赤みが引いたニキビ・ニキビ跡」「膿が出ている白ニキビ」の3タイプあります。
少しずつケアの方法が違うのでまずは自分のニキビがどのタイプかを把握するのが肝心です。
それぞれのケア方法をみていきます。

触れると痛い赤炎症ニキビ

触れると痛いニキビで、赤くなっている場合は《鎮静》と言ってお肌を鎮めてあげることがポイントとなります。

赤いニキビのケア方法

  • とにかく優しく洗顔などのケアをすること
  • 炎症赤ニキビの部分に化粧水を浸したティッシュやコットンを35分ほど置く

 

赤みが引いたニキビ・ニキビ跡

年々ニキビになってからの引きが遅くなってきているのを感じていませんか?

実はそのままにしていると、ニキビ跡と思っているものもシミに変わっているんです!!

長引いているニキビ。無意識に触れていませんか?
ニキビなどで内部が損傷している細胞はとても弱っています。
ですが、気になって触れていることで細胞は損傷し続け、なかなか治りません。
また傷ついた細胞にはメラニン色素が蓄積されシミになります。

赤みが引いたニキビ・ニキビ跡のケア方法

  • とにかく触らないこと

マクラやマスクなどの擦れも原因になります。

(マスクとの摩擦で起こる肌荒れのケア方法は今後紹介予定です)

  • お肌の代謝を上げる為に、ビタミンを食事やサプリで取る。
  • 肌代謝を良くするために水分量UPする、入浴もオススメ!

 

膿が出ている白ニキビ

一番気になる白ニキビ。気になって潰して出してしまいたいところですが、頑張って!我慢です!!

早く出してしまうと、その分その周辺の肌が大きく損傷しそのままニキビ跡シミになっていきます。

可能であれば皮膚科などの薬を塗って早く引かせることが一番大切!
またニキビの出来る原因は肌トラブルだけでなく、食事の乱れや、精神状態などさまざまです。
どういうときに出来やすいのか、どこに出来やすいのかをまずは確認してみてください。

膿が出ている白ニキビのケア方法

  • 潰さず我慢!
  • 皮膚科の薬を塗るのが一番
  • 食生活を見直し、ストレス発散する

 

乾燥のケア方法

皮が剥けてカサカサしている

化粧水や乳液を塗ってもなかなか入らないなど、悩んでいる方も多いです。
この場合は、前回の乾燥肌タイプでもご紹介しました《泥パック》がオススメです!

まずは不要な角質を優しく取り除いてあげることで、化粧水の浸透率が上がります!
ただ、やりすぎは注意なので週12回。3日以上は空けましょう。

カサカサ肌のケア方法

  • 週に1回〜2回の泥パック

 

赤みがる敏感肌

お肌が弱っている証拠です。

まずはお湯の温度が熱くないか確認してみてください!

3234℃のぬるま湯で洗ってください!

そして夜はティッシュやコットンに化粧水を浸したものをお顔全体に5分ほどパックをし、再度化粧水を着けてから、乳液をつけてみてください♪

乳液でも乾燥してしまう方は、保湿クリームもオススメです

赤みがある敏感肌のケア方法

  1. 32〜34℃のぬるま湯で洗顔
  2. 夜に化粧水をコットンにとり約5分パック
  3. さらに化粧水をつけ乳液でを塗り蓋をしてあげる
  4. (乳液でも乾燥する場合さらに保湿クリームを塗る)

 

シミのケア方法

 

今までケアをしていたとしても、肌の奥で蓄積してでてきてしまうのがシミ。時間をかけてできてしまったトラブルなので、ケアをしていくのも時間がかかります。

ただ、やれることがないわけではないので少しずつでもお手入れすることで今後の予防にも繋がるので是非やってみていただきたいです。

シミとは皮膚細胞にメラニン色素が蓄積してできること

なので、そのメラニン色素を抑制していく効果のあるのがビタミンCです!

なので、ビタミンCが配合されている化粧水や美容液もオススメですし、フルーツや野菜(キウイフルーツ、トマト、ブロッコリーの茎の部分など)を積極的に取り、中からケアすることもオススメです!

ですが、そもそも一番大切なのはお肌の基礎が作れておらず、シミを作りやすい環境にしている可能性が高いので基本ベース保湿はしっかりと行いましょう!

シミのケア方法(長期戦です)

  • ビタミンCの配合されている化粧水・美容液を使う
  • ビタミンCが多い食べ物を摂取する

 

シワのケア方法

細いちりめんシワ

目元や口元などにできる細かいシワ。今のうちにケアをしないとどんどん深い溝になり、手遅れになることも。ですが、いきなり1日にして深くなるわけではありません。まずは細かいシワの時にしっかりお手入れしましょう!

細かいちりめんじわは、とにかくお肌内部の乾燥です。

もちろん《保湿》が1番のポイントになりますが、このときの保湿=化粧水です!

朝、夜優しくたっぷり入れましょう。特に時間を作ってちりめんじわのところに、ティッシュやコットンに化粧水を浸したパックを5分程置いてパックをしてあげると中からふっくらするのでオススメです!

ポイントで美容液をつけてもGOODです

細いちりめんシワのケア方法

  • 朝夜たっぷりの化粧水を使う
  • シワの部分を化粧水の浸したコットンで約5分パック

 

深い表情シワ

いつの間にか深くなっていたほうれい線・目元のくぼみ・額のシワなど。気になってもなかなかどのようなケアをしたらいいかわからない方も多いです。

もちろん基本ベースの《保湿》をすることでより深くならない為の予防に繋がりますが、そのシワ実は《たるみ》からきていることも多いのです。

深い表情シワのケア方法

  1. 洗顔などのスキンケアはとにかく優しくやること。
  2. 化粧水や乳液を塗る際は下から上に優しく引き上げるように塗ってあげる

ことがオススメ!

また、たるみは頭皮から始まります。

なのでヘッドマッサージで引き上げたり表情筋トレーニングをやってみると相乗効果でオススメです。

 

まとめ

初めは少しめんどくさいお手入れでも、少しずつ変わっていくことが楽しくなったり、お肌が変わることで表情や印象も大きく変わっていきますよ!

まずは1つでも日々の生活で出来ることからチャレンジしてみて頂けるととっても嬉しいです。

 

これまで5回にわたりメンズのスキンケア方法を紹介してきました。

これからは具体的に私が愛用している商品や、試してみた商品を紹介していきますので参考にしていただけたら嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!