「メンズスキンケア」「くらしに役立つ情報」「オシャレで機能的なモノ」など紹介しています。皆さんのおすすめのサービスや商品教えてください!

【ペット・我が家のアイドル】豆柴のふく 家族になった時の話

【ペット・我が家のアイドル】豆柴のふく 家族になった時の話

私の家にはもうすぐ13歳になる豆柴がいます。

人間の年齢にすると68歳になります。

ですが、年齢なんて関係ありません!!!

我が家の愛犬「ふく」はおばあちゃんになっても可愛すぎるんです。

今回は我が家の愛犬・豆柴「ふく」ちゃんについてご紹介します。

自己紹介

「よろしくぅ!!!」

基本情報

  • 名前:ふく
  • 血統書の名前:裟羅姫(キラキラネーム感強めですね)
  • 生年月日:平成19830
  • 性別:女の子
  • 毛色:赤
  • 尾型:巻
  • 性格:非常に大人しい。滅多に吠えません。
  • 空気の読める優しい子です。

初対面の怪しいおじさん、怪しいおばさんに対しては控えめに吠えます。

いい性格なので近所のみんなに愛されています。

地方のフリーペーパーにから取材が来たこともありました。

さすが我が家のアイドル犬。

誰に対しても尻尾を振って近寄っていきます。興奮して2本足で立ち上がることもあります。

「おい!なんかいいもん持ってんだろぉくれぇ!」

特技

「お手お手のガトリング」(連続でお手できます。キリがありません

「お手お手うるせぇなぁ、腕疲れたわ」

ちょっとやりすぎたかな笑 本当に可愛いです。

引き戸を開けることもできます。またいつか紹介します。

好きなこと

2回の飯より散歩

「散歩行くよ!」と声をかけるとスキップするように寄って来ます。

表情もとてもワクワクしていて子犬にもっどったかのようです。

ビニール袋の音にはかなり敏感。散歩でうんち入れる袋を準備していると察します。

散歩じゃない時もビニール袋に反応します。

「散歩じゃないよ」と言うと、しょぼんとすねて遠くに行ってしまいます。

散歩中はいきいきした表情を見せてくれます。

散歩の帰り、終わりが近づくとその場でしゃがんで動こうとしません。

「どうして私の幸せを奪おうとするの!?」「絶対帰らないから!」

幼い頃の自分を見ているかのようです。ふてくされた顔で本当に嫌そうですね!

嫌いなこと

シャンプー

元々皮膚が弱い犬らしく、痒いのか首と脇をよく掻いた時期がありました。

結果、部分的に毛が抜けてしまいました。

そして病院へ通うようになりました。

動物病院で「週に23回のションプーが必要です」と言い渡されました。

この言葉を聞いた途端、フクは先生から逃げ出し私の後ろに隠れました。

先生と大笑いしました。

家に帰ってシャンプーしました。

「キュウー(多分、だれかたすけてくれぇ)」や「ヒーヒー(多分、もう無理ぃ)」と何回も悲痛の叫びが浴室に響きます。

動物愛護団体に聞かれたら保護されてしまうのではないか心配です。

「これはフクちゃんのためにやっているんだよ、大丈夫だから」となでてあげても一切効果はありません。無人島で通りがかった飛行機に大声で叫ぶ人間のようです。

お風呂だよと声をかけると必死に逃げていきます。

我が家にやってきた時のエピソード

地元のアイドルに成り上がるまでのお話(私の思い出)を発信していきたいと思います。

都度、私の携帯のアルバムの中に収めているだけではもったいないフクの可愛い可愛い写真も共有したいと思います。

我が家に犬がやって来た時の話

母親は小さい頃犬に追いかけられたとかで、犬嫌いでした。

そのことを知っていたので犬が飼いたいと親に話したことはありませんでした。

ある冬、父親と2人でスキーに行った時

「もし犬飼ったら散歩に行けるか?」

と謎の質問をされ、「多分行ける」と謎の返事をしました。

はじめはなんの理由で聞いたかわからなかったですが、後に犬を買うために、いろいろ父親が考えていたことを知りました。

スキーから数日後、母親は会社の何周年かの旅行でハワイに行きました。

父親はこのタイミングを待っていたかのように突然

「今から犬連れに行くから」

と言い車で隣の県のブリーダーさんのところに行きました。

展開の早さについて行けずに動揺したのと、犬とこれから暮らせる期待感と、ちゃんと散歩に連れて行けるか心配な気持ちになりました。

犬を引き渡してもらうと後部座席に犬と私2人父親の運転で自宅に帰りました。

車の中で犬は不思議そうに首を傾げ、私の方をずっと見ていたのを覚えています。

自宅に帰宅し、いつ準備していたのか父親がゲージを持って来て、犬を飼い始めました。小さくて、鼻の頭が真っ黒で、目がまんまるで、コロコロしてて本当に可愛かった。当時から人懐っこくて甘噛みと人間の手をペロペロ舐めてきました。(当時の写真探し中)

私と妹は血統書を見て「名前は、さらちゃん」がいいと話していましたが

父親は「もう名前決まっている、ふくちゃんだ」とあっさり。

我が家にふくが来きたのでした。

1週間後犬嫌いな母親が旅行から帰って来ました。玄関を開けたと同時に

「なんで犬がいるのぉぉぉ!!!!!!!」

なんやかんやで家族5人と犬1匹の楽しい生活が始まったのでした。

今回はこの辺で終わり!

今回の一枚

終わりに

犬って本当に可愛い!

また暇な時に犬の話をしたいと思います。

メディア関係者さんへ、いつでもCMや取材のオファー待ってます!笑

最新情報をチェックしよう!