「メンズスキンケア」「くらしに役立つ情報」「オシャレで機能的なモノ」など紹介しています。皆さんのおすすめのサービスや商品教えてください!

【カメラ・レンズをカビから守る方法】HOKUTOの防湿庫を購入して思ったこと

【カメラ・レンズをカビから守る方法】HOKUTOの防湿庫を購入して思ったこと

  • レンズ・カメラのカビが心配
  • 防湿庫かドライボックスのどちらを購入しようか迷っている
  • 防湿庫って本当に必要?
  • HOKUTOの防湿庫の購入を考えている

 

私は今までドライボックスでカメラを保管していました。
最近カメラを買い換えたのでカメラの保管方法について再検討し、防湿庫を購入しました。カメラ・レンズの保管はカメラの技術云々よりも先に考える必要があると私は考えています。
今回の記事では

  • カメラ・レンズをカビから守る機材について
  • ドライボックスと防湿庫のメリットデメリット
  • 防湿庫のロマンについて
  • HOKUTOの防湿庫の開封と1stインプレッション

 

について紹介しています。

カメラ・レンズをカビから守る機材について

カメラ・レンズを守る機材は防湿庫(ドライキャビネットとも呼ばれます)かドライボックス2種類あります。詳細について後ほどメリット・デメリットを交えながら紹介します。

ドライボックス

ドライボックス
HAKUBAのドライボックスです

防湿庫

防湿庫
HOKUTOの防湿庫です

なぜ防湿庫・ドライボックスが必要か?

カメラがかわいそうだから!

ふざけてはいません笑。湿気や汚れが原因でカビが生えます。毎日使っているという方は大丈夫かと思いますが、「使用頻度が低い」「使わない期間がある」「高温多湿な環境」「風通しがよくない環境」と条件が当てはまる場合は注意が必要です。生えます。

カビが生えると撮った写真に白い点のようなものが写り込んだり、線が入ったようになります。

レンズにカビが生えたとき、掃除するための料金は1〜5万円もかかります。

カビの生えたレンズはジャンク品扱いとなったり価値がガクンと下がります。
また、自分のモチベーションもガクンと下がります。
そんな悲しい思いをしたくない、カメラに悲しい思いはさせたくない人はドライボックスか防湿庫は必須です!
ドライボックス、防湿庫は保管に適した湿度に調節してくれます。

役割は同じですが電気の有無、価格、手間等が違います。
それぞれのメリット・デメリットをみていきます。

ドライボックスのメリット・デメリット

今まで私はHAKUBAのドライボックスを使っていました。その時に感じたメリット・デメリットを紹介します。ドライボックスはプラスチックの箱に防湿剤を入れて湿度を保ってくれる箱です

メリット

導入時費用を抑えられる

容量によりますが箱と防湿剤を2,000円ほどで揃えることができます。

持ち運びが簡単

プラスチックでコンパクトなので持ち運びがしやすいです。ドライブに行く時はドライボックスごと積み込んでも出掛けられます。

デメリット

防湿剤(防カビ剤)を毎年交換しなくてはならない

防湿剤(防カビ剤)には使用期限があります。1年間となっているものが多いです。1年ごとに交換しないと効果を発揮してくれません。
毎年500円と購入に手間がかかります。購入の際はドライボックスの大きさと防湿剤の個数等の確認する必要があります。

お気に入りのカメラを眺めることができない

プラスチック素材ですので中のカメラは見えにくいです。いくらデザインのいいカメラを買ったとしても箱の中ではデザインの良さ、存在感を発揮してくれません。

防湿庫のメリット・デメリット

メリット

お気に入りのカメラを眺めることができる

正面がガラス張りになっていて中のカメラを眺めることができます。
今回FUJIFILMの「X-T2」を購入しました。高画質な写真がとれ所有欲を高められるだけでなく、デザインがめちゃくちゃかっこいいので眺めているだけでも所有欲が高まります。


ジュエリーショップのアクセサリーをショーケースごと買ってきたような感覚です。
お気に入りのカメラがインテリアの一部となります

湿度管理が簡単

防湿庫はコンセントに繋ぐだけで箱の中の環境を適切な湿度に保ってくれます。湿度管理はつまみで調整できとても楽です。ドライボックスのように毎年防湿剤を購入しなくても良いです。

売る時に優位

もし、カメラ・レンズをフリマアプリで売る際に商品の状態で売ることができるのはもちろん「防湿庫で保管していました」と記載があれば買う側に安心要素を与えることができます。防湿庫に対する安心感は高いはず!
私もレンズをフリマアプリで購入する際には保管方法を必ず聞いています。

デメリット

ドライボックスより金がかかる

購入時には20〜25Lのもので1万円ほどします。
また、電気で湿度を管理しているので毎月の電気代が発生します。メーカーにもよりますが私が今回購入したHOKUTOの25Lタイプのもので1日1.2円かかります。
1.2円×365日で年間438円かかる計算です。

重くて持ち運びには適さない

素材はガラスと金属です。プラスチックのドライボックスと比較して重いのは目に見えます。大きさもドライボックスよりも大きいので持ち運びには適しません。

大きくて場所をとる

大きいものは部屋に邪魔になりがちです。購入の前に置く場所を確保してから購入すると良いと思います。

防湿庫って本当に必要なの?という疑問に対して

紹介しておいてなんじゃそりゃと思うかもしれませんが
防湿庫は必ずしも必要ではない!ドライボックスで十分です。

防湿庫はこんな人向け

  • お気に入りのカメラをショーケースに入れ眺めて所有欲に浸りたい
  • ドライボックスで毎年防湿剤(防カビ剤)を購入するのが面倒
  • 鍵をかけて保管したい

HOKUTOの防湿庫25Lを購入

今回私はカメラ本体1機、レンズ2本を保管できる防湿庫を探していました。
これくらいの容量であるならコンパクトサイズの防湿庫が良いと思われます。

Re:CLEANかHOKUTOか

コンパクトなサイズでは「Re:CLEAN」か「HOKUTO」というブランドの商品のユーザーが多いです。サイズはRe:CLEANが21L、HOKUTOが25Lなっています。

どちらを購入するかとても悩みました。
購入の決め手は、HOKUTOの防湿庫は左半分に棚がついている
ということです。
どちらも機能的なことは同じです。

Re:CLEANはブラックだけではなくホワイトのカラーがあります。白のインテリアで統一している方は良いと思います。中のカメラがよりみやすくインテリア性にこだわった防湿庫となっています。
5年間のメーカー保証がついているので安心です。

HOKUTO  HSシリーズ25Lのレビュー

とても静か

静かすぎて電源が入っていることを疑います。少しの音はしょうがないと思っていましたが全く音がしません。寝室に置いていても大丈夫です。

操作が簡単

電源を入れ中にあるダイヤルを回すだけです。
到着時は53%あった湿度も1時間後には適切な湿度(40%くらい)になりました。

ダイヤルはHi、A〜E、Loがあります。説明書に使用方法が詳しく記載されているので安心して使うことができます。

自分のカメラがよりカッコよく見える

どれだけでも眺めていられます。

あとカメラ1機、レンズ2本ほど入るスペースがあります。結構容量があります。

まとめ

  • カメラ・レンズの保管にはドライボックスか防湿庫は必須
  • 防湿庫が絶対に必要!というわけではない(ドライボックスで十分)
  • 防湿庫はお気に入りのカメラをカッコよく保管できる

 

最新情報をチェックしよう!