「メンズスキンケア」「くらしに役立つ情報」「オシャレで機能的なモノ」など紹介しています。皆さんのおすすめのサービスや商品教えてください!

「電子ケトルユーザー必見」節約できてエコでオシャレな魔法瓶のススメ

「電子ケトルユーザー必見」節約できてエコでオシャレな魔法瓶のススメ

電子ケトルを使っている

電子ケトルで1日に何回もお湯を沸かす

冷たい水を飲みたくて1日に何回も冷蔵庫を開けている

映画鑑賞中は動きたくない

 

これらに該当する方は今回紹介する魔法瓶を使い始めると生活の質が0.5ランクアップします。

 

私は魔法瓶を6年使っていますが、もーこれがないとやっていけません!
魔法瓶の魔法にかけられた20代男性が魔法瓶の魔法の力について解説します。

 

今回は私が愛用しているTefaLのガラス性魔法瓶「MAMBO」をモデルとして紹介していきます。

 

魔法瓶とは

なんと消費者庁のホームページに魔法瓶の定義が明記されています。
このページ見る人いるのかよって思いますけどね笑

要約すると、中瓶にガラス製の真空二重瓶かステンレス製の真空二重瓶を用いたもの。主に卓上や野外に携帯するもの。と定義されています。

内瓶と外瓶の二重構造にしてその間を真空状態にすることによって長時間の保温効果が得られる仕組みになっていることが重要です

魔法瓶の歴史を調べてみると、ルーツはイギリスの物理学者ジェームズ・デュワー(100年くらい前の人)が金属を二重壁とし、その壁の間を真空状態にしたことによって断熱効果を発見したことから来ています。

魔法瓶の種類

魔法瓶には今回紹介している「ポット型」と「水筒型」があります。
また「ガラス製」と「ステンレス製」があります。

ガラス製の魔法瓶について

メリット

  • お湯に金属の臭いが移りにくい
    金属の水筒を使っている方は体験したことがあるかと思いますが、お湯に金属の香り移っていている事があります。より美味しいお茶、コーヒー、水を飲みたいという方、金属の香りが気になっている方にはオススメです。
  • 一般的には金属製の魔法瓶よりも保温性が高いと言われている
    ステンテス製の魔法瓶も保温性は上がっきていますがやはりガラス製のは方瓶の方が保温性が高い言われています。

デメリット

  • ガラス製品のためステンレス製品よりも割れやすい
    冬の凍結したフロントガラスに熱々のお湯をかけたらガラスが割れてしまうようにガラスは急激な温度変化には弱いです。また、衝撃面でもステンレス製には劣ります。

ステンレス製の魔法瓶について

メリット

  • 衝撃に強い
    金属のため衝撃には強いです。そのため外出時にも安心です
  • 軽い
  • ガラス製よりも保温性の高いものもが登場している
    どの魔法瓶を選ぶにせよ保温時間は要チェックポイントです

デメリット

  • お湯に金属の香りが移ることがある
    これはぜひ改善してほしいです。長年使っていくと気になってくるものが多いです。

 

愛用中の魔法瓶「MAMBO」について

  • メイドイン:ドイツ製
  • 容量:1L(電子ケトルの容量と合わせて1Lにしました)
  • 保温時間:12時間

(熱々の時間です。24時間経っても、ぬるいよりもちょっとあったかいくらいの温度は保てています)

  • 保冷時間:24時間

氷を入れた水であれば24時間は冷え冷えの水が出てきます。

  • サイズ:高さ約22㎝、横幅14.5㎝、重量670g
  • 注意書き:中びんはガラス製。中びんが破損すると大変危険。落下などの衝撃を与えると破損の恐れがある。分解は禁止

魔法瓶を使い始めると起こる変化

何回も電子ケトルでお湯を沸かさなくても良い

魔法瓶がないとお湯を飲みたいタイミングで何回も沸かさなくてはいけません。一回沸かして魔法瓶にお湯を入れておけば何度もわかさなくても済むのでエコですし節約にもつながります。

また、熱いお湯が欲しい時すぐ飲めます!

参考までに紹介させてもらうと、
電子ケトルの消費電力(1L沸かす時)は約1,300W。1回で1円〜3円かかります。

1人ぐらしのアパート生活をしている時は、電子ケトルとエアコンを同時に使用したらブレーカーが落ちた経験がたくさんあります。魔法瓶でその点は解消できました。

冷蔵庫の開け閉め回数も減る

氷と水を入れておけばキンキンに冷えた水が飲めます。冷蔵庫を何回も開けなくてもすみます。

映画鑑賞中に席から離れなくて済む

映画鑑賞中に、熱々のコーヒーのおかわりがしたくなるってことありますよね。私はそうです。

映画鑑賞中にコーヒーや飲み物のために席を外すのはもったいないです。
手元に熱々のお湯があればどんなタイミングでもすぐに手に届きます。
都度、電子ケトルで沸かせばいいじゃん!と私は最初思っていましたが、沸騰の音がうるさかったり、沸かすまで準備したり、待ったりと不自由がありました。

映画鑑賞にかかわらず一回お湯を沸かしたら魔法瓶に移して置いておくだけです!

オシャレなデザインが多くインテリアとしても活躍

最近ではオシャレなデザインの魔法瓶が増えてきました。カラーバリエーションも豊富で迷ってしまうほどです。テーブルの上に置いておくだけでも華やかになります!ポットよりもコンパクトですのでそれほど邪魔者扱いはされません。

まとめ(購入時のポイント)

  • 保温性の良いものを選ぶ
  • ガラス製にするかステンレス製にするか選ぶ
  • お好みのデザインを選ぶ

お買い求めやすい値段のものもたくさん出ていますので購入にていてはいかがでしょうか?
魔法瓶のある生活もいいですよ〜!

最新情報をチェックしよう!